電話で問い合わせる

お問い合わせはこちら

単純ヘルペスherpes

単純ヘルペスの治療

くちびるやその周囲に小さな水ぶくれができる口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスが原因で起こります。

単純ヘルペスウイルスにはⅠ型(くちびる、顔面など上半身)とⅡ型(性器を中心とする下半身)があります。

成人の大半が、乳児期にこのヘルペスウイルスに感染して免疫を獲得しています。
初感染時には何も症状がでないことも多いので、いつのまにか知らない間に感染していることもあります(不顕性感染)。

ヘルペスウイルスは感染力が強く、直接的な接触のほかにウイルスがついたタオルや食器などを介しても感染します。

治療は抗ウイルス剤を内服するか外用するかになります。
内服薬は1日2回内服のバルトレックス錠と1日5回内服のゾビラックス錠があります。
治療効果はほぼ同等です。

一刻一秒でも早く治したいという方には内服治療をお勧めします。
外用はゾビラックス軟膏とアラセナ軟膏です。
単純ヘルペスがよくできてお困りの方は、ご自身の治療の希望をはっきりと医師にお伝えください。