電話で問い合わせる

お問い合わせはこちら

ウオノメ・タコcallus

ウオノメ(鶏眼)、タコ(胼胝腫)の治療

ウオノメもタコも同一部位に機械的刺激、圧迫が持続的に加わって、角質(皮膚の最外層)が硬く、厚くなります。
ウオノメは足の裏や側面で骨の突出部と靴などに皮膚が挟まって圧迫されるため中心部に「眼」(芯)が生じ、これが神経を圧迫し非常に強い痛みを伴います。

ウオノメとタコの違いはこの「眼」のあるなしで、タコでは通常痛みは伴いません。
ときにウイルス性のイボと間違われることもあるようですが、我々皮膚科専門医はまず間違えることはありません。

治療は厚くなった角質をカミソリ、メス刃、はさみ等を使って削り取ります。
ウオノメの場合、「眼」までしっかり除去します。
自宅で治療される場合はやすりや爪きりで削ってもいいですし、専用のタコ・ウオノメ削り器を使用するのも効果的です。
また、スピール膏を貼って、皮膚をふやかすと削りやすくなります。

ただし、当院で医師による治療を希望される方は、スピール膏を貼った状態で来院するのは御遠慮ください。
ふやけてしまい、却って治療が行いにくくなります。

「何度も削るのは面倒なのでいっそのこと手術やレーザーでいっきに取り除いて欲しい」と希望される方がいらっしゃいますが、ウオノメもタコも腫瘍ではなく、正常皮膚の反応性の増殖なので手術して除去しても、レーザーで焼灼しても不適切な圧迫が加われば、何度でも再発します。
地道に厚くなった角質を除去しながら、靴や歩き方を改善していくのが正しい治療です。
外反拇趾などの足の変形があるとできやすくなります。