電話で問い合わせる

お問い合わせはこちら

AGA男性型脱毛症

AGA(男性型脱毛症)に対するフィナステリド処方

前頭部あるいは頭頂部から髪の毛が薄くなっていく、いわゆる男性型壮年性脱毛症(AGA)の発症には男性ホルモンが関与しています。

男性ホルモンのうち、おもに精巣で作られるテストステロンが皮膚に移動し、5α-リダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロン (DHT)という物質に変換されます。

このDHTが、毛包の毛を作っている部分に作用して、髪の毛を薄くしてしまいます。

フィナステリドの効果

2005年に国内で認可されたフィナステリドはAGAによる薄毛要因の5α-リダクターゼを阻害することでAGAの進行を抑制します。

日本で認可される前の臨床治験の結果では1年後の改善率58%、不変40%、進行(悪化)2%となっています。

改善率は58%と60%に満たないのですが、AGAは本来進行していくはずのものですから、改善と不変をあわせると98%という結果をみると、フィナステリドはほとんどの男性型脱毛症の進行を止めることができるといえます

フィナステリド錠1㎎「トーワ」
1錠 100円

フィナステリド内服のご注意など

  1. 臨床治験では、軽微な副作用の発現率は5.1%で、内容は性欲減退など生殖器系が2.5%、胃部不快などの消化器症状1.1%、臨床検査値異常0.7%、その他0.7%となっています。
    肝障害などの重篤な副作用は見られておりません。
  2. 女性には効果はありません。
    妊娠中の女性が誤って服用すると胎児の生殖器官の正常発育に影響を及ぼすおそれがあります。
  3. フィナステリドは長期内服になることが多いので、半年に1度は定期健診、人間ドックなどを利用し血液検査を受けた方がよいとされています。
  4. フィナステリドは前立腺がん検査で測定されるPSA値を約50%低下させます。
    前立腺がんの検査を受診される方は担当医にフィナステリドを内服中であることを必ずお知らせください。